ディアイティ(下村正洋社長)は、フィンランドに本社を置くTectia社の「Tectia Manager」の最新バージョン「Tectia Manager Ver.6.2」を、5月末に発売する。

 最新版は、従来まで別製品として販売していた「Tectia MFT Auditor」の機能を統合する。配下のソフトウェアのアップデートや設定、更新の一元管理はもとより、SSHによるファイル転送から詳細ログの取得、モニタ、操作レポートの取得などが使いやすいウェブインターフェイスから実行できるようになった。

 また、Tectia製品だけでなく、Open SSHを利用したサーバーやクライアントも含め一元管理できるようになった。従来のOpen SSH環境では実現できなかった設定やログの集中管理の問題も解決することができる。これにより、Open SSHの利用におけるセキュリティリスクを大幅に軽減することができ、内部統制やPCI DSSなどで求められるセキュリティコンプライアンスの徹底と監査証跡が容易になる。

 税別価格は480万円から。1年間のフリーアップグレードが付属する。