ディアイティ(下村正洋社長)は、10月20日、米メルー・ネットワークスの無線LAN製品を利用して、長野県松本市の相澤病院の病棟看護システムを構築したと発表した。

 相澤病院は、業務効率の改善に積極的に取り組んでいる。その一環として、無線LANを利用した病棟のオーダー情報の参照、カルテ参照・入力を導入してきた。今回は、「看護師をナースステーションからベッドサイドへ」をテーマに、病室での看護システムの稼働を目的として、有線と同様のスピードを実現する802.11nでの無線LANのシステム構築を目指した。

 ディアイティは、システム構築にあたって、チャンネル設計を容易とするシングチャネルデプロイメント、ハイデンシティ対応技術を備えたメルー・ネットワークスのコントローラ2台とアクセスポイント136台を採用。病室内でも電波干渉を起こさない802.11n無線LANシステムの構築に成功した。

 これによって、病院特有の構造的問題や頻繁に実施されるレイアウト変更、クライアント増設、帯域拡張の問題をクリアし、病室内のノートPCでもナースステーションのデスクトップPCと同様のアプリケーションをスムーズに操作できる環境を整えた。

 ベッドサイドで、患者の装着するバーコードと注射器のバーコードを照合することで、注射に関するミスがなくなった。また、リアルタイムの治療・投薬情報入力で、病室とナースステーションとの往復時間を削減し、業務効率が大幅に向上。看護師の残業時間も半減し、医療の質の向上にもつながった。