英ストアマジック(ハンス・オサリバンCEO)とネットワールド(森田晶一社長)は、7月6日、英ストアマジックの仮想システム向けストレージソフト「StorMagic」の事業戦略説明会を開いた。

 ストアマジックは英国に本社を置くソフトメーカーで、主力製品は仮想システム向けストレージソフト「StorMagic virtual SAN」。ネットワールドは、ストアマジックの日本市場の総販売代理店として国内の販売を手がける。

 ストアマジックのオサリバンCEOは、機能拡張計画を説明し、2011年第3四半期に、新バージョン「4.5」を発売することを明らかにした。新版は「VMware vSphere version 5」のサポートするほか、日本語のGUI(グラフィック・ユーザー・インターフェイス)を提供するという。

英ストアマジックのハンス・オサリバンCEO

 一方、ネットワールドの吉田尚樹マーケティング部ビジネス開発グループグループマネージャーは、日本市場での販売戦略を「中堅・中小企業をメインターゲットに今後も拡販する。地方の中小規模事業所からの受注も増えており、一定の成果は得られている」と説明した。(木村剛士)