日本クエスト・ソフトウェア(大越大造社長)は、VMware ESX/ESXi用のバックアップ//レプリケーション/リカバリ・ソフトウェアの新バージョン「vRanger 5」を8月1日に発売すると発表した。

 「vRanger」は、イメージ・ベースのデータ処理に最適化したVMware用データ保護ソリューション。VMwareのフルバックアップ、差分/増分バックアップを高速化すると同時に、バックアップ・イメージのサイズを大幅に削減する。また、イメージからアクティブなブロックのみを読み込むActive Block Mapping機能を使用して、VMwareの高速なバックアップ/リストア機能を備えている。今回の新バージョンでは、パフォーマンスの向上と機能の充実を図るとともに、日本語GUIを提供する。

 「vRanger Standard Edition (SE)」と「vRanger Pro」の2つのエディションを用意。「vRanger SE」は、VMwareのバックアップ/リカバリ (機能制限あり) が行え、中堅/中小 (SMB) 市場向けビジネスに最適となっている。「vRanger Pro」は、VMwareのバックアップ/リカバリ (フル機能) と、VMwareのレプリケーションに対応。ひとつの使いやすいコンソールで、VMwareのデータ保護を包括的に行うことができる。

 価格は、「vRanger SE」が9万8000円、「vRanger Pro」が14万8000円。 評価版は、同社ホームページからダウンロード可能で、30日間無償でフル機能を使用できる。