日立情報システムズ(日立情報、原巖社長)は、高価な業務アプリケーションとPC環境のセットを月額料金で提供するクラウド型サービス「Dougubako(どうぐばこ)」のラインアップの一つである「仮想アプリケーション提供タイプ」に、スマートフォンやタブレット端末を通じて利用できるオプションメニューを追加し、7月14日から提供開始した。

 「Dougubako」は、業務アプリケーションを、日立情報のデータセンタからインターネットを通じて提供するクラウド型のサービス。従来の「Dougubako」の「仮想アプリケーション提供タイプ」は、パソコンでの利用が前提だったが、今回、スマートフォンなどが利用できるオプションメニューを追加し、利便性の向上を図った。

 このオプションサービスでは、普段パソコンで利用しているアプリケーション画面のみを送受信するため、データの変換やコピーをすることなく、パソコンと同じアプリケーションをそのままスマートフォンなどで操作・参照できる。また、作成したデータは日立情報のデータセンタに格納されるため、端末の紛失や盗難などによる情報漏えいのリスクも回避できる。

 これにより、今まで紙で印刷して持ち歩いていた図面データなどを「Dougubako」に保管して閲覧することや、社内で作成したプレゼンテーションデータを移動先で簡単に確認することが可能となり、オフィス・外出先の双方で情報をシームレスに扱うことが可能となる。

 同社では、日立グループのクラウドソリューション体系である「Harmonious Cloud」のひとつとして「Dougubako」を積極的に展開し、12年度末までに1000社への納入を目指している。