ニュース

矢野経済研究所、2011年度の国内IT投資動向、前年度比でプラス成長の維持を予測

2011/07/25 10:33

 矢野経済研究所(水越孝社長)は、売上高1億円以上のユーザー企業600社にアンケート調査を実施し、2011年度の国内IT投資動向についての暫定予測を公表した。

 東日本大震災やそれに伴う景況悪化などの影響について、「影響をうけていない(当初計画・予定と変わらず)」とする回答が63.7%、「影響をうけ、当初計画・予定よりも減少傾向」が18.7%、「影響をうけ、当初計画・予定よりも増加傾向」が7.8%だった。

 「減少」と回答した企業の減少幅は、当初計画予算に対して平均で24.7%の減少だった。一方で、「増加」と回答した企業での増加幅は、27.3%。アンケート調査結果から、「わからない」を除く541社の当初計画に対する変動幅を加重平均で求めると、2.8%減となった。ただし、10年8月時点で11年度の国内IT投資を前年度比3.2%増と予測。2.8%という計画値の減少幅は、3.2%という数字を下回ることから、11年度の国内IT投資は前年度比でプラスを維持するとみている。(信澤健太)

東日本大震災が2011 年度のIT 投資予算に与えた影響
  • 1

関連記事

<震災後の情報サービス 変容するIT投資のゆくえ>第1回 プロローグ

IDC Japan、国内クラウドサービス市場予測、11年は前年度比45.6%増の660億円に

IDC Japan、国内OS市場を調査、10年はパソコン、サーバー向けともに好調、前年比7.4%増

東日本大震災の2011年の国内SMB IT市場がマイナス成長へ、IDC Japanが発表

ガートナー、インドのITサービス上位10社の年間成長率を19.9%と発表

外部リンク

矢野経済研究所=http://www.yano.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>