日本IBM(橋本孝之社長)は、事業継続や節電などの目的でIT機器の新しい設置場所を探している顧客向けに、外部のデータセンター施設を紹介する「コロケーションサービス」を開始した。

 「コロケーションサービス」は、同社が従来から展開している「サーバー&ストレージ・システム運用管理サービス」強化の一環。同社は、既存のデータセンターから比較的距離が離れている北海道と四国、東日本の顧客から需要の多い関西において、将来的にはクラウド・コンピューティングも見据えたデータセンター拠点を増強していく。

 また同時に、サーバー&ストレージ・システム運用管理サービスを整理統合し、従来は個別対応だった運用管理のサービス内容を、顧客にとってより分かりやすいよう体系化した。例えば、顧客自身がIT機器の運用管理を実施するレベルのものから日本IBMが24時間365日で顧客のIT機器を運用管理するレベルのものまで、作業内容や対応時間などをサービスレベルに応じて区分した。これには、Tivoli Liveによるクラウド(SaaS)を活用したシステム運用管理、IBM海外拠点からの遠隔運用管理、データバックアップ向けクラウド環境の活用などの最新テクノロジーも含まれている。

 なお、IT機器を自社保有せず、高品質なシステム開発や運用保守を含め、IT業務全般を日本IBMへ委託することを希望する顧客には、長年にわたり多くの顧客において実績のあるアウトソーシング・サービスを提供していく。