サイオステクノロジー(喜多伸夫社長)と日本IBM(橋本孝之社長)は、7月1日、クラウドを活用した中堅企業向け事業継続ソリューション「事業継続 簡単クラウド」の提供を開始する。

 「事業継続 簡単クラウド」は、自社のITシステムを災害時にクラウド上のバックアップ・システムに切り替えるサービス。日本IBMのパブリッククラウドサービス「IBM Smart Business Cloud-Enterprise」上の仮想サーバー、ストレージをバックアップ・システムとして利用する。サイオステクノロジーのHAクラスターソフトウェア「LifeKeeper」のHAクラスター機能でシステム障害を監視し、障害時に自動的にクラウド上の仮想サーバーに切り替える。

 新たにサーバー、ストレージ、OSなどのIT資産を購入する必要がないので、少ない初期投資で短期間に構築できるのが利点。バックアップ・システムの設置場所は、日本以外にも、アメリカ、ドイツ、シンガポールなど、海外のIBMデータセンターからも選択できる。

 両社のパートナーは、「IBM Smart Business Cloud-Enterprise」と「LifeKeeper」の導入・構築サービスを提供する。最初のパートナーとして、トッパンエムアンドアイ(山本哲男社長)がサービスを提供する。パートナーは順次拡大する予定。(信澤健太)