NEC(遠藤信博社長)は、沖縄県石垣市と竹富町に対し、地域生活や教育、子育て、健康などに関する遠隔相談や情報共有を支援する統合コミュニケーションシステムをクラウドサービスで提供開始した。

 このサービスは、NEC製ユニファイドコミュニケーション(UC)ソフトウェア「UNIVERGE Sphericall(ユニバージュ・スフェリコール)」を中核にして開発。総務省が2010年4月に発表した「地域ICT利活用広域連携事業」の一環として利用されるもので、離島の地理的制約を緩和し、子育て支援や教育の充実、保健福祉など住民サービスの向上を目的としている。

 石垣市と竹富町は複数の島や集落が点在しており、住民サービスの均質化や迅速で円滑な情報共有、災害対策の強化などが課題となっていた。これに対してNECは、通話・メール・映像や資料の共有などを一度に実現する統合コミュニケーションシステム(UCシステム)をクラウドサービスで提供し、導入コストやシステム運用負荷を最小限に抑え、両団体の課題解決を支援する。

 具体的なサービス内容は、公民館・保健相談所・役所/役場・小学校に専用パソコンを設置。住民は、そのパソコンの画面上に表示された施設をクリックまたはタッチすれば、市/町の職員など相手先を呼び出し、画面上で互いの顔を見ながら会話することができる。また、画面上で資料を共有し、資料に書き込みをしながら会話を進めるなど、視覚的にも理解しやすく行政相談や教育・子育ての相談を行うことができる。今後は、高齢者を対象とした健康相談サービスや、災害時の安否確認等での利用を計画している。

 さらに、複数の医療機関の医師/看護師や保健師同士の情報交換、各学校間、役所/役場間の情報交換に活用できる。これまで、物理的な距離や交通事情から、会議を行うにも時間を要していたが、同サービスを利用することによって、移動することなく、素早く、高い頻度で情報共有・意見交換が可能となる。

 このほか、メール一斉配信機能を用いて、学校から保護者への一斉連絡や、役所から住民への迅速な情報提供ができ、コミュニケーションの促進が期待できる。

 同社は、このクラウドサービスの他に、RBC琉球放送、アドスタッフ博報堂と共同でデジタルサイネージシステムも提供し、石垣市・竹富町の情報提供の強化を支援していく。