東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G、石田壽典社長)と鈴与シンワート(成岡謹之輔社長)は、B-EN-GのグローバルERP「A.S.I.A.」のビジネスパートナー契約を締結し、製品の拡販で協業していく。

 協業によって、「A.S.I.A.」のアプリケーション機能を活用して全社最適と個別最適を両立するシステムの設計導入コンサルティングサービスを提供。本稼働開始後のシステム運用や保守サポートなども手がける。鈴与シンワートは「A.S.I.A.」の提供にあたって、自社のデータセンター「S-Port」を利用する。今後5年間で、40社の導入を目指す。

 「A.S.I.A.」は、多言語・多通貨・多拠点機能をもち、会計や販売、購買、在庫といった業務に対応する機能モジュールを実装するERP。カンパニー別やビジネスユニット別などでの業績管理にも対応し、日本本社から海外拠点の状況をリアルタイムに把握できる。(信澤健太)