大塚商会(大塚裕司社長)は、企業向けに電源容量500w負荷で約3時間半の給電をすることができる「3時間給電パック リチウムイオン電池版」を8月25日に発売した。

 蓄電機器と無停電電源装置(UPS)、設置費、設定費、保守をセットにした企業向けのパック商品。業務を止められないシステムや電力消費量の多いサーバーなどのITシステム機器と接続することで、システムを止めずに、ピークシフトによる節電対策を取ることができる。

 蓄電機器の電力を使用する際の蓄電機器への切り替えで発生する電力の瞬断では、その間だけUPSが電力を供給し、システムダウンを防止する。また、長時間の停電で蓄電機器側の電力がなくなった場合は、安全にシステムをシャットダウンするまでの間、UPSが電力を供給するので、節電だけでなく、緊急時の電力供給にも活用できる。

 蓄電機器とUPSを組み合わせた場合、電力が復旧したとき(復電時)にUPSが正常に待機状態にならないことがあるが、「3時間給電パック リチウム電池版」は、大塚商会が実機により検証し、電力が切れた状態から復電したときの動作を確認している。また、パックに接続するサーバーなどのIT機器の数などについても、これまでのサーバーやUPSの導入実績で培ったノウハウをもとにアドバイスを行う。

 税別価格は、1セット209万7100円。価格には、設置・設定費とメーカー対応5年保守を含む。