東京大学(濱田純一総長)の東大グリーンICTプロジェクト(GUTP、江崎浩代表)は、工学部2号館の日本サブウェイ(伊藤彰社長)の2階店舗でLED照明を導入、店舗の消費電力を約15%削減したと発表した。大塚商会(大塚裕司社長)がLED照明を提供した。

 サブウェイの東大工学部2号館店舗では、同店舗全体の電灯電力使用量の約18%を照明が占めているという。今回、20個の従来照明をLEDに入れ替え、これまでの店舗の照度を維持したまま、照明の消費電力を86.1%削減し、店舗全体の電灯・電力使用量を約15%の削減に成功した。

 GUTPでは、消費電力削減による地球環境の保全と活動環境の改善を目的とし、産官学が協力して研究開発を進めてきた。東京大学構内に施設に関わるあらゆる機器と機器管理システムを導入し、実証実験を行っている。今回のサブウェイの取り組みもその一環となるもの。

 今後もGUTPは、研究や実証結果を通して総合的なファシリティーマネジメントシステムの確立に取り組み、「明るく、涼しく、サクサクな夏をすごすために」企業や学校、自治体へのプロジェクトの成果の普及を図る。