電通国際情報サービス(ISID、釜井節生社長)とみずほ情報総研(井上直美社長)は、地域金融機関向けの統合顧客管理ソリューション「BANK・R(バンクアール)」のラインアップを拡充し、不動産担保評価システムの提供を開始した。

 「BANK・R」は、業務縦割りの顧客情報を統合し、本部/営業拠点での営業支援・審査支援・経営支援システムを共通プラットフォーム上でシームレスに融合している。今回の不動産担保評価システムは、地域金融機関の本部、営業店、不動産評価部門など、融資審査における不動産担保評価・管理にかかわる部門の業務効率化を支援し、融資審査業務の最適化を実現する。

 不動産担保評価システムを「BANK・R」のラインアップに追加することで、蓄積したデータをマーケティングや営業支援に活用することができる。両社は、金融機関が自社環境に導入するパッケージソフトウェアとしての提供に加え、クラウド環境での構築ができるシステムとして、全国の地域金融機関に提供していく。