みずほ情報総研(井上直美社長)は8月17日、業務の利用シーンに応じたiPadを活用した効率化ソリューションを開発した。今後βテストなどを経て、10月以降にペーパーレス会議や対面販売などのシーンに向けたソリューションとして提供開始する。

 「ペーパーレス会議ソリューション(仮称)」は、遠隔拠点を含めた20台以上のiPadを一元的に管理し、iPad操作連携が可能。操作連携は、無線を介して高速に行うことができる。ほかに参加者のマーキング・メモ作成や議事録作成支援など、様々な機能を保有している。

 また「対面販売支援ソリューション(仮称)」は、対面での販売に特化して支援を行うソリューション。バックオフィスとメッセンジャーを通じて連携支援を行う。重要データのマスキングや説明資料の表示履歴の管理も実現している。いずれのソリューションもデバイスレベルの認証、ファイルの保管期間管理などのセキュリティ考慮した。

 同社は今後も、iPadやiPhoneの業務活用を想定した技術を開発、商品化することによって、セキュリティ面に配慮しながら、さまざまなシーンで利用できる業務支援のソリューションを提供していく方針。