みずほ情報総研(井上直美社長)と電通国際情報サービス(ISID、釜井節生社長)は、清水銀行(山田訓史頭取)向けに、地域金融機関向け統合ソリューション「BANK・R(バンクアール)」の「顧客情報管理」「営業支援」「電子稟議」「担保・保証管理」システムを納入し、6月13日に本稼働したと発表した。

 清水銀行は、「BEST PARTNER BANK~地域に密着し、地域とともに成長する~」を目指す姿として掲げ、地域密着型金融を推進するなかで、顧客要望に適時適切に対応することで営業の質を高めている。この実現にあたって、銀行業務におけるシステム開発のノウハウを有するみずほ情報総研と、地域金融機関の業務システムに精通するISIDにシステムの刷新を委託することになった。

 システム導入後は、渉外内容や企業情報など分断されていた情報を統一し、各部門で得た情報を統合データベースとして一元管理することで、顧客実態を渉外担当、役員、本部で把握することができる。これによって、共有化されたデータに基づいた営業支援、企業審査、融資方針、与信枠管理、案件審査、途上与信管理を、一連の業務として実施することが可能となる。

 また、融資稟議事務の電子化によって、ペーパーレス化を実現し、稟議プロセスの効率化や審査基準の統一化・明確化と同時に、コスト削減も実現する。