電通国際情報サービス(ISID、釜井節生社長)は、米Amazon Web Services(AWS)が提供するクラウドサービス上で、SAPソリューションを利用したエンタープライズ向けシステムの構築サービスを開始した。

 サービスは、独SAPとAWSによる共同発表「AWSを本番環境とする各種SAPソリューションのオンデマンド利用の認定」を受けて、ISIDのクラウドサービス「CLOUDiS(クラウディス)」のメニューとして、国内のSAPユーザー企業向けに開発・検証・本番環境を提供するもの。

 SAPとAMSは、第一弾としてSAP BusinessObjects Solutions(BO)の全スイート、SAP Rapid Deployment SolutionsのLinux版を対象としているが、数か月後にはWindows instances版のERPを含むさらなるSAP製品の提供で協力することを計画している。

 ISIDは、SAPによるAWSの認定に対応してBOのサポートを開始。認定され次第、ERPのサポートも開始する予定。(信澤健太)