静岡県(川勝平太知事)が、セールスフォース・ドットコム(宇陀栄次社長)のクラウド型プラットフォームを活用した災害時の広域連携システム「新災害情報システム SAVERS」を構築し、7月に稼働を開始した。

 静岡県は、危機管理対応で、防災を中心に、救出や救護を重視した広域連携での災害情報を集約・分析・提供する情報システムを構築。新システムは、セールスフォース・ドットコムのクラウド型プラットフォーム「Force.com」で構築した「防災情報共有システム」を中核にしている。

 防災情報共有システムは、GIS(地理情報システム)、気象庁防災情報XMLフォーマット、携帯電話のエリアメールなどと連携。災害発生後72時間の救命・救助活動にあたっての道路やヘリポート、避難所、救護所に関する情報を、携帯電話から文字・GPS情報・写真などを付加して送信することができる。(ゼンフ ミシャ)