セールスフォース・ドットコム(宇陀栄次社長)は、7月4日、明治安田生命が、東日本大震災被災者の保険金請求や支払い状況の管理に、ビジネスアプリケーションのクラウド型開発プラットフォーム「Force.com」を採用し、システムを構築したと発表した。

 明治安田生命は、被災地の顧客情報や状況を正確に把握し、迅速な請求手続きと保険金などの支払いを進めていくために「Force.com」の導入を決定したという。

 明治安田生命は、約60万件の契約について、顧客への訪問や支払いなどの申し出、顧客宛ての通知・電話の状況を集約し、共有・管理している。要件確定後、約60万件の対象データの移行を含め、わずか1週間でサービスを立ち上げ、本社・支社・営業所の約400人が利用する「請求確認状況入力システム」を5月に立ち上げた。(ゼンフ ミシャ)