日本事務器(NJC、田中啓一社長)は、マイクロフォーサム(向井一典社長)と販売代理店契約を締結し、マイクロフォーサムが開発した情報セキュリティ対策製品「S-Cop(エスコップ)シリーズ」の販売を9月28日に開始した。

 NJCが販売開始するマイクロフォーサムの情報セキュリティ対策製品は、文書ファイルの暗号化を保つ安全機能「S-Copマジックペーパー」をコア技術とした「S-Copセキュアキャビネット」と、「S-Copポストマン」の2製品。

 「S-Copセキュアキャビネット」は、ファイルを自動的に暗号化してサーバーに格納し、ドラッグ&ドロップだけでファイル管理ができる。オプション機能で、暗号化した状態で電子データを持ち出すこともできる。価格は1クライアント月額3000円から。

 「S-Copポストマン」は、機密性の高いデータを安全・確実に送信するシステム。電子メールの添付ファイルを本文と切り離して専用サーバーに保存し、受信者は本文に指定されたアドレスにアクセスして添付ファイルを閲覧・保存する。価格は1クライアント月額2300円から。同社では、初年度で2製品合わせて2億円の販売を目標としている。