日本事務器(NJC、田中啓一社長)は、「Google Apps Premier Edition」の正規販売代理店として活動を開始した。

 NJCでは、2009年5月に「Google Enterprise Partner」に認定され、グーグルが提供するオンラインアプリケーションサービス「Google Apps」の導入・構築支援や、認証・セキュリティサービスなどさまざまなサービスを提供している。

 今回、「Google Apps Premier Edition」の正規販売代理店となったことで、「Google Apps」のアカウント販売が可能となった。これにより、検討段階から導入・既存システムとの連携、さらに運用サービスまでをワンストップサービスで提供することが可能になった。

 また、「Google Apps」を評価・検証したい顧客向けに、2010年1月から「トライアルサービス」を開始する。トライアルサービスでは、「Google Apps Premier Edition」5アカウントを2か月間試用できる。

 アカウントの有効期限は1年間で、サービス内容には、導入支援、管理者・利用者ダイジェスト教育(試用期間中に1回訪問)、電話/メール問合せサービス(試用期間中)が含まれる。税別価格は3万9800円。