日本事務器(NJC、田中啓一社長)は、トレンドマイクロ(エバ・チェン社長)の中小企業向けSaaS型セキュリティサービス「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス」の取り扱いを、11年1月から開始する。

 「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス」は、SaaS型のウイルス対策サービス。管理用サーバーが不要となるため、サーバーの導入/運用費用や管理者の運用工数が削減できる。

 NJCは、同サービスに4つの独自サービス機能を追加し、「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス あんしんプラス」として提供する。追加機能は、新種ウイルス感染時の対策「緊急対応ワクチン提供サービス」、顧客のクライアント/サーバーの対策状況をリアルタイムで遠隔監視する「監視サービス」、ウイルス対策に関するサポート「ヘルプデスクサービス」、感染時・プロダクト障害時のオンサイトサポート「オンサイトレスキューサービス」。価格は、月額500円/台から。