ニュース

NSW、Androidスマートフォン管理サービスにBYOD支援機能を追加

2011/10/14 10:37

 日本システムウエア(NSW、青木正社長)は、クラウド型Androidスマートフォン集中管理サービス「PALLADION」で、BYOD(Bring Your Own Device)支援機能の提供を11月7日に開始する。

 新機能は、ビジネスシーンとプライベートシーンでモードを切り替えることによってセキュリティ強化とプライバシー保護を両立し、私有のAndroidスマートフォンのビジネス利用を支援する。

 具体的には、私有端末を管理対象として登録し、ビジネスモードでは利用機能の制限やアクセスログの記録を行うことで、セキュアな環境を提供。一方、プライベートモードでは、それらの制限を設けない自由な利用とプライバシーの保護を可能にしている。
  • 1

関連記事

NSW、2010年度決算、製造業のもち直しで増収増益を達成

NSW、クラウド型の法人向けスマートフォン管理サービス「PALLADION」

NSW、クラウド基盤でNECの仮想アプライアンス版ロードバランサーを提供開始

NSW、グループウェア「サイボウズ ガルーン」をSaaS型で提供

NSW、SaaS型のコンテンツ・アセット管理サービス「blueSKY On Demand」

外部リンク

日本システムウエア=http://www.nsw.co.jp/

「PALLADION」=http://www.nsw.co.jp/solution/Palladion/

おすすめ記事