日本システムウエア(NSW、青木正社長)は、クラウド型Androidスマートフォン集中管理サービス「PALLADION」で、BYOD(Bring Your Own Device)支援機能の提供を11月7日に開始する。

 新機能は、ビジネスシーンとプライベートシーンでモードを切り替えることによってセキュリティ強化とプライバシー保護を両立し、私有のAndroidスマートフォンのビジネス利用を支援する。

 具体的には、私有端末を管理対象として登録し、ビジネスモードでは利用機能の制限やアクセスログの記録を行うことで、セキュアな環境を提供。一方、プライベートモードでは、それらの制限を設けない自由な利用とプライバシーの保護を可能にしている。