日本システムウエア(NSW、青木正社長)は、8月4日、NEC(遠藤信博社長)の仮想アプライアンス版ロードバランサー「InterSecVM/LB」を、NSWのクラウド基盤「BlueSpider」上で提供開始した。

 「InterSecVM/LB」は、サーバーへのアクセス負荷分散や死活監視、CPU負荷による分散制御などに加え、障害発生時に稼働サーバーから待機サーバーへ処理やデータを引き継ぐフェイルオーバー機能を搭載する。また、安全な通信を実現するSSLアクセラレータ機能などを備えている。

 今回、同製品を、NSWが提供する仮想ホスティングサービス「BlueSpider」のオプションとして用意した。これによって、負荷分散された柔軟なネットワークを仮想環境で実現できるようになり、クラウド環境におけるシステム構築のスピードアップとコスト最適化を支援する。

 同社は今後、「InterSecVM」シリーズの他ラインアップ製品が実現するメール/DNS・DHCPサーバー、プロキシ・ウェブフィルタリングサーバーなどについても、順次提供を開始していく。