ニュース

ネットワールド、仮想化セキュリティの提供体制を強化

2011/10/18 10:37

 ネットワールド(森田晶一社長)は、クラウドコンピューティングの本格的な普及を受け、仮想化セキュリティソリューションの提供体制を強化する。

 具体的には、ネットワールドが豊富な導入実績をもつVMware社製品と、トレンドマイクロの総合サーバーセキュリティソリューション「TrendMicro Deep Security(TMDS)」を組み合わせたソリューションを主力商材として位置づけ、両社との協業を強める。10月25日には、両社の協賛で、企業ユーザーを対象に、「クラウド・仮想化の新しい環境に求められるセキュリティ」について解説するセミナーを実施する。

 ネットワールドは、今後、トレンドマイクロの認定ソリューションパートナーとして、二次代理店に対して営業・技術トレーニングや製品の販売に関連する営業支援、基礎構築サービスなどの技術支援を行う。
  • 1

関連記事

ネットワールド、英StorMagicの仮想ストレージソフトを大林組が採用

英ストアマジックとネットワールド、仮想ストレージソフト関連の事業戦略説明会、バージョンアップ計画も披露

タンベルグデータ、ネットワールドと販売代理店契約を締結

ネットワールド、クラウド管理システム「Nimbula Director」を国内販売

ネットワールド、「VMware vCloud Director」を国内市場で本格展開

外部リンク

ネットワールド=http://www.networld.co.jp/

「クラウド時代のVMware環境セキュリティセミナー」

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>