日本IBM(橋本孝之社長)は、10月31日、ジャパネットたかたの基幹システムと情報系システムの統合ストレージ基盤を刷新し、8月に稼働を開始したと発表した。

 ジャパネットたかたは、統合ストレージ基盤を刷新することで、増加し続けるデータ容量への対応と業務スピードの向上を図った。ストレージ・システム基盤には、異機種混合ストレージ環境を一元管理し、使用頻度に応じてデータを自動再配置することでデータへのアクセス速度を向上させる自動階層化機能を備えた「IBM Storwize V7000」を採用した。

 ジャパネットたかたは、夜間に基幹データのバックアップを取っているが、差分だけを複製することでバックアップ時間を短くする「Storwize V7000」の「FlashCopy」機能で、従来は約180分かかっていたバックアップ時間を30分程度に短縮した。

 情報系システムには、「Storwize V7000」に搭載した高速アクセスのSSDのみを活用することで、販売実績の集計処理で約10倍のデータ・アクセス速度を達成し、プロモーション分析業務や商品分析業務の効率が大幅に向上した。