日本IBM(橋本孝之社長)は、10月12日、セキュリティ機能や障害予知機能などの高度なサーバー管理機能を備え、小売店や企業の各部門、基幹業務をパソコンで処理している中小企業など、省スペースと経済性が求められる顧客に最適なミニタワー型の高信頼エントリー・サーバー「IBM System x3100 M4」を発売した。10月28日に出荷を開始する。

 新製品は、IBMのx86サーバーのラインアップでは最小サイズ・最安値のサーバー。従来のタワー型x86サーバーと比較して容積が約40%小さく、25%安価になった。幅18×奥行き48×高さ36cmの小さなきょう体に、災害対策向けのデータ・バックアップに有益なテープ・ドライブを内蔵できる。

 OSに依存することなく稼働する管理専用プロセッサを標準搭載することで、上位機種の管理機能を継承。起動時の外部からの不正アクセスを防ぐセキュリティ機能や障害予知機能「Predictive Failure Analysis(PFA)」など、この価格帯では一般的には搭載していない高度なサーバー管理機能を備え、高い信頼性を提供する。また、IBMのx86サーバーのラインアップとして、初めて障害時の各種データをワンクリックで取得しウェブブラウザで表示する機能を搭載している。

 また、遠隔地からネットワーク経由で電源制御や稼働・障害情報を取得できるので、各店舗や支店に設置した新製品に一元管理できる。さらに、障害発生時にその発生箇所をLEDで示す「診断LED」を搭載し、障害時の迅速な対応を可能にする。故障対応は、納品後1年以内であれば無償で、24時間365日、設置場所で日本IBMが修理を行う。税別価格は、最小構成で6万6000円。