日本事務器(NJC、田中啓一社長)は、11月1日、クラウド型IT資産管理・セキュリティソリューション「Asset CHECKER(アセットチェッカー)クラウド」を発売した。

 インターネット接続環境があれば、クライアントソフトウェアをインストールするだけで運用を開始できる専用サーバー不要のクラウド型IT資産管理・セキュリティサービス。「資産管理サービス」「危険ソフトウェア通報サービス」「USB制御サービス」「セキュリティポリシーチェックサービス」の四つのサービスと「ヘルプデスクサービス」機能によって、効率的なIT資産管理とセキュリティ対策を実現する。

 価格は、「Asset CHECKERクラウド」スタンダードが月額400円/台、「Asset CHECKERクラウド」セキュリティが月額300円/台。NJCは、今後1年間で5000クライアントの納入を予定している。