ソフトバンクモバイル(孫正義社長)は、スマートフォンとタブレット端末に対応した法人向けアプリケーションを集め、ユーザーがインターネットから購入できる新サービス「モバイルソリューションマーケット」を11月1日に開始した。

 ユーザー企業・団体の生産性向上や業務効率化に役立つアプリケーションサービスを集め、ユーザーがインターネットを通じて購入できるようにしたオンラインマーケット。料金は、ユーザーが指定した携帯電話の利用料金とまとめて支払うことができる。

 ソフトバンクモバイルは、「モバイルソリューションマーケット」の品揃えを充実させるために、他社との協業推進を目的にパートナープログラム「SoftBank Solution Provider(SSP)」を立ち上げた。ソフト開発会社などの「モバイルソリューションマーケット」に対応するアプリ・サービスの開発・提供を支援する。(木村剛士)

モバイルソリューションマーケット