日本IBM(橋本孝之社長)は、クラウド・アプリケーションの応答時間を短縮する新サービス「IBM WebSphere Application Accelerator for Hybrid Networks」を、11月30日から提供する。

 アプリケーション配信アプライアンス製品「WebSphere DataPower Edge Appliance XE82」とアカマイ・テクノロジーのウェブアプリケーション高速化ソリューションを組み合わせることで、クラウド・アプリケーションを高速化するサービス。

 「WebSphere DataPower Edge Appliance XE82」をユーザー企業のデータセンター(DC)内に設置し、一度取得したコンテンツをキャッシュとして保持。サーバーへのアクセス回数を低減することで、パフォーマンスを向上させる。加えて、アカマイのインテリジェント・プラットフォームを活用し、世界中に設置した9万5千台以上のサーバーと1900以上のネットワークから最もアクセス時間が短くなる最適なパスを選択したり、容量の大きいデータを圧縮・分割したりすることでネットワーク負荷を減らす。

 このほか、「WebSphere DataPower Edge Appliance XE82」のセキュリティ機能である認証機能で、自社DC内へのアクセスを管理しセキュリティを確保する。

 価格は3946万8000円(税別、インターネットに接続する物理ロケーション単位、年額)から。「WebSphere DataPower Edge Appliance XE82」は715万円(税別)から。(信澤健太)