NTTソフトウェア(伊土誠一社長)は3月17日、企業向けメール誤送信防止ソリューションのサーバータイプの新バージョン「CipherCraft/Mail(サイファークラフト メール) サーバタイプ Ver.5.2」を3月31日に発売すると発表した。

 「CipherCraft/Mail」は、世界最高水準の暗号強度をもつ「Camellia」を搭載したメール暗号化製品。今回のサーバータイプ新バージョンでは、今までの充実した利用者向け機能に加え、メール送信に潜むリスク状況や誤送信防止対策の効果をタイムリーに可視化する機能、および利用者管理を容易化する機能など、運用管理者を支援する機能を強化した。

 運用管理者は、「CipherCraft/Mail」の管理画面から、どの組織で添付ファイルの利用が多いのか、どのような頻度で送信キャンセルをしているのかなどの情報を統計的に把握することが可能。この情報をもとに、メール誤送信対策の効果の把握や、誤送信の危険の高い組織の把握などを行うことで、リスクの芽を早期に発見し、より効果的な誤送信防止対策を先回りして実施することができる。

 また、従来のメール誤送信対策システムでは、利用者登録を行う必要があったが、新バージョンでは、利用者登録・管理を行わなくても運用することが可能となった。これにより、多数の利用者を抱える企業やSaaS/ASP事業者などへの導入の手間を省き、運用コストを削減する。

 価格は、100ユーザーで利用する場合59万円。同社では、今後3年間で10億円の販売を目標としている。