イメーション(松井国悦代表取締役)と日立ソリューションズ(林雅博社長)は、セキュリティ分野で協業することに合意した。

 協業によって、イメーションの高セキュリティ「DEFENDER USBフラッシュメモリ」と日立ソリューションズのUSBメモリによる持ち出し、データの情報漏えい防止ソフトウェア「秘文LE Personal Office」を組み合わせたコピー制御メモリを12年1月に発売する。

 「秘文LE Personal Office」は、USBメモリに保存するデータを自動的に暗号化。出張先や取引先などの外部PCでも、安全にUSBメモリのデータを編集することができる。一方、「DEFENDER USBフラッシュメモリ」は、FIPS140-2認定を取得済みの暗号モジュールを内蔵したハイエンドセキュリティUSBメモリ。新たに販売するコピー制御メモリは、両製品を組み合わせることで、暗号化によるデータの流出とUSBメモリからのデータのコピーを制御し、データの保護と情報漏えい対策を実現する。

 日立ソリューションズは、このコピー制御メモリを12年1月から公共機関や一般民需向けに販売。容量は1GB、2GB、4GBをラインアップする。また、イメーションは、2012年2月頃に中堅・中小企業向けに販売を開始する。容量は2GBと4GB。

 このほか、日立ソリューションズは、PCからの不正な持ち出しを制御する「秘文AE Information Fortress」でのデバイス個体識別機能の推奨製品として、イメーション製のセキュリティUSBメモリを検証し、正式な推奨製品と認定した。

 両社は今後、それぞれがもつ販売チャネルの相乗効果によって、日本だけでなく、海外を含めた情報セキュリティ市場でのビジネス拡大に向けて相互協力を図る。「秘文 AE Information Fortress」とその推奨製品であるイメーションのUSBメモリを組み合わせ、イメーションの韓国と台湾のグループ会社を通して、12月に販売を開始する。