ネットワールド(森田晶一社長)は、サイバーウェイブジャパン(大杉昌弘社長)が新たに提供を開始したクラウドサービスのプラットフォームに、ネットワールドのVMware仮想化ソリューションを採用し、本格稼働を開始した。

 サイバーウェイブジャパンが提供するクラウドサービスは、レディメイド型のアプリケーションサービス「mSaaS(エムサーズ)」、オーダーメイド型のアプリケーションサービス「mSolution(エムソリューション)」、IaaS型のプラットフォームサービス「mCloud(エムクラウド)」。

 サービスの基盤となる仮想環境には、高い信頼性・可用性とすぐれた運用管理性をもつVMwareを採用。また、プラットフォーム構築のパートナーには、仮想化の経験と実績が豊富なネットワールドを選んだ。

 システム構築にあたって、信頼性・安定性の確保が課題となったので、「VMware vMotion」「VMware HA」などの高信頼・高可用性機能を積極的に活用している。また、仮想化インフラ全体のワークロードやキャパシティなどの状況を表示する「VMware vCenter Operations」をあわせて導入し、システムの稼働状態を効率的に把握できるようにした。

 各サービスはすべてリモートバックアップとディザスタリカバリに対応。VMwareの「Snapshot」機能や、ネットワールドが提供するネットワークストレージ「NetApp FASシリーズ」の遠隔コピー機能「Snap Mirror」を活用している。