富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL、花岡和彦社長)は、ペーパーレス会議システム「WebコアConference」について、アップルのiPadと富士通製のタブレットPCに加え、富士通製のAndroid端末への対応を12月12日に開始する。

 「WebコアConference」は、サーバーに登録した会議資料を、無線LANを経由して会議参加者が使用する端末の画面に表示。紙の資料が不要で、効率的な会議運営を実現する。今回、富士通製のAndroid端末への対応を開始することで、ユーザーはAndroidのOS環境でも、従来同様の画面タッチによるページめくりをはじめ、資料の拡大縮小表示や手書きメモや付箋の貼付などの機能を利用できる。

 「WebコアConference」には、ウィズダムウェブがiPad向けに開発したペーパーレス会議システム「Wisdom Web Conference」の機能を搭載しており、ウィズダムウェブが富士通製タブレットPC/Android端末向け機能を新たに追加する。

 富士通SSLは、「WebコアConference」の商品価格体系を見直し、従来以上に導入しやすい体系・価格で提供。ユーザーの会議運営に関するコスト削減と意思決定の迅速化を支援していく。

 価格は、サーバーライセンスが63万円、クライアントライセンス(1ユーザーにつき1ライセンス)が2万1000円。同社は、今後2年間で1000セットの販売を見込んでいる。

「WebコアConference」の構成