富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL、花岡和彦社長)は、10月31日、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)やプライバシーマーク(Pマーク)など、組織における各種認証規格に関するマネジメント活動をトータルに支援するSaaS型の「統合マネジメント支援サービス」を、11月1日に発売すると発表した。提供開始は12年1月上旬を予定している。

 ISMSと個人情報に関連する業務・システム(PMS)の重複する作業を共通手順として統合して作業を効率化。統合によってマネジメント活動に関するコストを40%以上削減でき、外部審査費用も約15%削減が可能になる。また、SaaS型サービスなので、初期投資を抑えながら短期で導入できる。

 今後、ユーザー企業の状況を把握し、ベンチマークやリスクマイニングを行う機能も追加する予定。価格は個別見積もりで、例えば「統合マネジメントサービスパック」100ユーザーIDの場合、月額5万2500円から。別途、初期費用が必要となる。同社では、2年間で130社への販売を目標としている。