日立アジア(長島真社長)は、12月15日、シンガポール共和国の消防・救急を統括するシンガポール市民防衛庁(SCDF)から、RFIDタグを活用して同国内の全消防署の消防車や救急車に搭載する機器を管理する「RFID備品管理システム」を一括受注したと発表した。日立アジアがシンガポール政府機関向けの情報・通信ソリューションを受注したのは初めて。日立化成商事、日立システムズと連携して納入する。

 シンガポールの消防署では、消防車や救急車に搭載するホースやポンプ、酸素ボンベ、ストレッチャーなどの機器を、署員が毎日手作業で点検していた。しかし、多くの種類の機器を手作業で確認するには手間と時間がかかるうえ、確認ミスが発生する懸念もあった。そこでSCDFは、点検作業をより迅速に、正確に行うために、日立アジアが提供する「RFID備品管理システム」の導入を決定した。

 システムは、RFIDタグを貼り付けた機器にハンディリーダーをかざすだけで、それぞれの機器の情報を瞬時に読み取る。ハンディリーダーから約1m以内なら、機器が重なって配置された状態や車両の奥に置かれた状態でも読み取ることができ、車両に機器を搭載したままでの迅速に点検作業ができる。

 システムは、シンガポール国内の全16消防署・約170台の消防・救急車両で使用される予定。約1万3000個のRFIDタグや55台のハンディリーダー、日立システムズのアプリケーションソフトウェア「Chipin/Fixture-Lite」などを活用して構築し、12年4月に試験運用を開始する。