ソリトンシステムズ(ソリトン、鎌田信夫代表)は、DNS/DHCPアプライアンス「Infoblox」のDHCP運用を支援するソフトウェア「Soliton Infoblox Tools Pro」の提供を開始した。

 「Infoblox」は、DNS/DHCPなどのコアネットワークサービスについて、「HA構成」や「Grid構成」を用いることで、止まらないネットワークを実現するアプライアンス。「Infoblox」のDHCP機能の一つ、MACアドレスフィルタ機能を利用して、不正端末の接続を防止する。

 「Soliton Infoblox Tools Pro」は、「Infoblox」に登録するMACアドレスを効率的に管理するための独自ツールで、ソリトンのInfobloxユーザー限定で提供する。CSVファイルに記載されたMACアドレスの追加・削除、全データのインポート・エクスポートを一括で処理でき、設定ミスや作業時間を低減できる。

 ソリトンのPCセキュリティ管理ソフト「InfoTrace PLUS」の資産管理データとの連携も可能。「InfoTrace PLUS」で出力した「(MACアドレスを含む)レポートファイル」を、「Infoblox」のMACアドレス登録用のCSVフォーマットに変換し、「Infoblox」と同期させることができる。これによって、「InfoTrace PLUS」ユーザーの資産管理情報を簡単にセキュリティ対策に活用できる。

 このほか、「Infoblox」の標準機能では対応できない「DRサイトへのDHCPサービスメンバー“一括変更”」が、大規模災害時にもできるようになり、RTO(復旧時間目標)を短縮する。

 税別価格は、「Soliton Infoblox Tools Pro」ソフトウェアは無料。インストール作業とトレーニング費用が90万円。