ソリトンシステムズ(鎌田信夫代表)は、ネットワーク認証アプライアンス「NetAttest EPS」と、ワイヤレス、リモートアクセス機器との間で認証連携ができることを確認するために、機器メーカー8社が参加して、2011年12月中旬から2週間にわたって相互接続試験を実施した。

 スマートデバイスの社内での活用を想定したワイヤレス(Wi-Fi)接続と、モバイルワークを想定したリモート(VPN)接続で、ネットワーク認証アプライアンス「NetAttest EPS」と、8メーカー11機種の機器との間で相互接続試験を実施。ID、パスワードなどの単純な検証ではなく、電子証明書やワンタイムパスワードなどを利用し、スマートデバイスとWi-Fi/VPN機器との接続を検証して、正常に動作することを確認した。検証結果の詳細は、1月26日に同社ホームページで公開する。