ネットワンシステムズ(ネットワン、吉野孝行社長)は、2月14日、業界最高クラスの高集積度・省電力・省スペースを実現した米シーマイクロ社製の新Xeonサーバー「SM10000-XE」を発売した。

 「SM10000-XE」は、高さわずか約44.5cmのシャーシに、低消費電力で高性能なサーバー向けプロセッサ「Intel Xeon Processor E3-1260L」(4コア 2.4GHz、ハイパースレッディング対応、TDP 45W)を64個搭載。また、最大2TBのメモリ、ストレージ、スイッチ機能、負荷分散機能、サーバー管理機能など、データセンターに必要な機能を集約して搭載している。これによって、同程度の性能のCPUを搭載したラックマウント型サーバーに比べて、消費電力を2分の1に、設置スペースを3分の1に削減するとともに、12倍のネットワーク帯域を提供する。

 最小構成価格は1900万円から。主な販売対象として、インターネットポータル、オンラインゲーム、データ分析、仮想デスクトップサービス、パブリッククラウドサービスなどの大規模なアプリケーションサービスを提供する企業・組織を想定している。ネットワンは、今後3年で、「SM10000」ファミリー合計で30億円の売り上げを見込んでいる。