日経BP社(長田公平社長)は、クラウド関連製品・サービスの総合イベント「Cloud Days Tokyo 2012 Conference & EXPO(Cloud Days Tokyo 2012)」を、2月28~29日の両日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開く。

 複数のIT企業がブースを設置してPaaS、IaaS、SaaSなどのクラウド関連製品・サービスを展示。クラウドに詳しいIT企業・団体の関係者および日経BP社が発行する雑誌・ウェブメディアの記者が登壇するセミナーも開く。主な基調講演は、東京海上ホールディングスの澁谷裕以・執行役員IT企画部長による「クラウド・コンピューティングへの期待と現実」(28日開催)、リクルートの米谷修・MITシステム基盤推進室エグゼクティブマネージャーによる「3種のクラウドを使い分ける・リクルートの選択理由」(29日開催)。

 「Cloud Days Tokyo 2012」を開催する2日間は、同じ会場で「スマートフォン&タブレット 2012春」「ビッグデータ EXPO 2012春」を同時開催する。スマートフォンとタブレット端末、ビッグデータを取り上げ、関連する製品・サービスの展示会とセミナーを開く。

 なお、「Cloud Days 2012」は今回の東京だけでなく、同様のコンセプトで大阪でも開催する。開催時期は3月8~9日。場所はハービスHALL。

日時:2012年2月28日(火)~29日(水)
   10:00~18:00(展示会、セミナーは9:30から)
場所:東京国際フォーラム
   東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
参加:3000円(事前登録者は無料)
同時開催イベント:「スマートフォン&タブレット 2012春」、「ビッグデータ EXPO2012 春」