NEC(遠藤信博社長)は、IAサーバー「Express5800シリーズ」が、IDC Japanの調査による2011年(1~12月)の国内IAサーバー市場で、金額ベースで約26%、台数ベースで約24%を獲得し、シェア1位になったと発表した。金額・台数ともに16年連続首位を維持している。ブレードサーバーの分野でも、金額ベースで約32%、台数ベースで約28%でトップシェアとなった。

 「Express5800シリーズ」は、サーバー統合や仮想化などのITインフラ再構築や、クラウドサービスなどの新しいサービス提供に取り組む企業に向けた「DataStationLine」と、データセンター(DC)のインフラ強化を図るDC向け「DataCenterLine」の二つの製品ラインを提供している。

 2011年は、「DataCenterLine」はDC向け省電力サーバーや仮想化によるサーバー統合に適したブレードサーバーなどが堅調に推移。一方、「DataStationLine」は、市場の省エネへの強い要望に応えた40℃環境に対応した省電力サーバーなどの製品が堅調に推移した。また、全国をカバーする保守・サービス網も、ユーザーから高い評価を得ているという。