NEC(遠藤信博社長)は、3月9日、SAPの大量データ分析用インメモリソフトウェア「SAP HANA」を実装するアプライアンスサーバー「NEC High-Performance Appliance for SAP HANA」を発売した。

 NECの「Express5800」シリーズのスケーラブルHAサーバーに「SAP HANA」を実装。CPUにインテルの「XeonプロセッサE7-8800/4800製品ファミリー」を採用し、7Uのきょう体に最大8CPU(80コア)と最大2TBのメモリを搭載できる。

 NECは、現在、大量の情報を分析・活用する「ビッグデータ」関連事業の強化に取り組んでいる。すでに「SAP HANA」の検証環境を立ち上げ、SAPのERP(統合基幹業務システム)製品とのデータ連携など、新機能の検証・評価を行い、ユーザー企業の「SAP HANA」の導入を包括的に支援している。今後、独SAP本社との協業を強化し、ビッグデータ関連のソリューション展開を拡大する。(ゼンフ ミシャ)