日本アバイア(ロバート・スチーブンソン社長)は、3月22日、iPad上で電話やインスタント・メッセージングなどができる企業向けアプリケーション「Avaya Flare Communicator for iPad」の無償提供を開始した。

 統合コラボレーション基盤「Avaya Flare Experience」を、専用の端末ではなく、iPad上で利用できるアプリケーション。タッチ操作で、電話やインスタントメッセージ、プレゼンス、電子メールなどの機能を利用することができる。

 同社は、今後「Avaya Flare Experience」を他のコンシューマー向け端末やOSにも対応させる予定。低価格で、社員個人でも導入しやすいデバイスへの対応によって、導入のハードルを下げて拡販する。(ゼンフ ミシャ)