シーエスアイ(CSI、杉本惠昭社長)と日本事務器(田中啓一社長)は、CSIの電子カルテシステム「MI・RA・Is(ミライズ)シリーズ」のスマートデバイス対応システムを共同開発し、4月2日に発売した。

 スマートデバイスに対応したことで、患者の診療情報をスマートフォンから閲覧できるとともに、診療データをスマートデバイスから入力することが可能となった。スマートデバイスを活用することで、回診時に持ち運ぶ書類量を軽減し、回診業務の効率化を図る。

 さらに、診療の経過や検査結果などを画像やグラフでわかりやすく説明できるので、患者へのサービス向上につながる。価格は20万円から。