正攻法

田中啓一 社長
 サービス事業の強化を掲げ、ここ数年は、主にフロント系のクラウドを中心に、ビジネス基盤を構築してきた。新しい年は、それらのクラウドのノウハウを、当社の得意分野である基幹系システムの開発分野でも生かす時期とみている。真正面から挑み、基幹系システム関連のクラウド事業を伸ばす年にする。

 その武器として、2012年早々に新サービスを発表する。ユーザー企業・団体のオンプレミス型システムのバックアップを、当社のデータセンターで預かり、万一何かのトラブルが発生した場合、そのバックアップ環境を提供するサービスを展開する。サービス内容の詳細を詰めている段階で、年明けに発表し、来年度(13年3月期)期首には発売するつもりだ。

 当社のユーザー企業・団体の80~90%は、オンプレミス型システムを運用している。こうした顧客を大切にしながら、将来を考えてクラウド事業を育てていきたい。

 中期的な視点でいえば、3か年の中期経営計画を毎年見直しており、今はその修正計画を策定しているところだが、「サービス化へのシフト」「ラストワンマイルの責任」「グローバル対応」という2011年度期首に立てたキーワードを変えるつもりはない。

 クラウドを伸ばし、ユーザーとの接点をもつ強みを大事にしながら、海外にも挑戦する。それは2012年度も変わらない。