ネットワールド(森田晶一社長)は、複合システム検証センター「GARAGE(ガレージ)」を社内に開設した。

 「GARAGE」は、合計10ラックに仮想化システムの代表的なリファレンス・アーキテクチャである「FlexPod」や「vExpress」、各種仮想化ソフトウェアなど、最新のソリューション環境を常設。パートナーに対して「マルチベンダーソリューション検証LABサービス」を無償で提供する。パートナーは、データセンター構築プロジェクトの期間を大幅に短縮できる。

 同社は、「GARAGE」を利用することで、プロジェクト期間を通常の約3分の1、通常の「FlexPod」と「vExpress 」を導入する場合の約2分の1に短縮できると試算している。

 今後、「GARAGE」を利用した「クラウドハンズオントレーニング」、「ソリューションデモ体感サービス」などのメニューを充実させる計画。