ニュース

Skeed、ビッグデータ時代のデータ蓄積基盤「SkeedObjectStore」

2012/04/09 10:49

 Skeed(明石昌也社長)は、大量の情報に対応するデータ蓄積基盤「SkeedObjectStore」を、4月9日に発売する。

 複数のサーバーを連携することによって、オーバーレイネットワークを形成。分散データ蓄積領域を創出し、レプリケーションに基づく分散配置とデータ喪失の回避を実現する。

 サーバーへのアクセス時には、大容量データ配信ソフト「SkeedCast」で培ったスケールアウト型高速データ配信技術のノウハウを適用することで、大容量ファイルやアクセス集中によって入手しづらいデータファイルを迅速に手に入れることができる。

 税別価格は750万円から。最小構成は、サーバー5ライセンス、クライアント5ライセンスから。4月27日に出荷を開始する。
  • 1

関連記事

Skeed、超高速ファイル転送ソフト「SilverBullet Business」の販売をスタート

「ビッグデータ」の事業化進む 収益上げるまで“我慢の5年” 人材への投資が成功のポイント

<Industry Chart 業界の今を俯瞰する>ビッグデータの関連市場 かたちになりつつある新規市場 経営課題を解決する提案力がカギ

外部リンク

Skeed=http://www.skeed.co.jp/