日本マイクロソフト(樋口泰行社長)は、3月23日、データベース(DB)ソフトの新製品「Microsoft SQL Server 2012」を発表した。ボリュームライセンスを4月1日に、パッケージ製品を5月18日に発売する。

 「AlwaysOn」機能による障害発生時に数秒でフェイルオーバーする可用性と、待機系のサーバーを通常時に読取り処理で活用する負荷分散性に加え、「カラムストアインデックス」機能で大量のデータの高速集計に対応。「ビッグデータ」の時代に求められる高可用性と高パフォーマンスを実現した。

 処理データを単に保管するのだけでなく、蓄積した膨大なデータを探索する「Power View」機能によって、営業やサポートなど現場スタッフの現状把握力、責任者へのレポート能力、ビジネスチャンスの発見能力を高めることができる。誰もが使い慣れたウェブブラウザをインターフェースにして、クリック操作だけで高度にデータを可視化できる。

 また、パブリッククラウドDBの「Microsoft SQL Azure」とコードベースを完全に共通化することで、社内設置型のシステムとクラウドのシームレスな運用管理やアプリケーション開発環境を構築することができる。

 税抜価格は、「Enterprise」エディションのコアライセンス(2コアパック)が、必要なライセンスを必要なときに必要な数だけ購入するのに適したプログラム「Open Business」で256万円、パソコンを250台以上保有する企業が必要なライセンスを必要な数だけ購入するのに適したプログラム「Select Level A」で167万3200円。新エディションとなる「Business Intelligence」のサーバーライセンスが、Open Businessで147万円、Select Level Aで104万5000円。「Standard」エディションのコアライセンス(2コアパック)が、Open Businessで66万7000円、Select Level Aで43万6400円、サーバーライセンスがOpen Businessで15万3000円、Select Level Aで10万9200円。「CAL(クライアントアクセスライセンス)」エディションのユーザーもしくはデバイスが、Open Businessで3万3300円、Select Level Aで2万5500円。(佐相彰彦)