日本IBM(橋本孝之社長)は、4月13日、インテルのXeon E5ファミリーを搭載したx86サーバーの新機種を発表し、出荷を開始した。

 出荷を開始したのは、ブレード型の「IBM BladeCenter HS23」と、2Uラックの「IBM System x3650 M4」、1Uラックの「IBM System x3550 M4」、タワー型の「IBM System x3500 M4」、省スペースの「IBM System x iDataPlex dx360 M4」の5機種。

 「IBM BladeCenter HS23」は、従来機種よりも処理能力を62%向上させ、稼働する仮想マシンを20%増やす新技術「10GbE Virtual Fabric」を搭載。また、帯域幅を広げ、メモリ容量も増やして、高速なデータ転送を可能にした。「IBM FastSetup for BladeCenter」というブレード向けの新セットアップツールを加え、これまで何日もかかっていた大規模システムの導入作業が数時間で済む。(木村剛士)