サイボウズスタートアップス(山本裕次社長)は、4月20日、ルート営業用顧客管理ツール「営業報告サービス」のAndroid版の提供を開始した。

 「営業報告サービス」のAndroid版は、すでに提供しているiPhone版のユーザーインターフェース(UI)や使用感を再現。Google PlayをはじめとするAndroidアプリケーションポータルサイトで無料ダウンロードできる。デモデータを使った試用も可能。

 6月末までに契約したユーザーに対しては、2013年5月末まで半額の料金で利用できるキャンペーンを展開する。キャンペーン価格は、5ユーザープランが月額4900円(2G)、20ユーザープランが月額1万2400円(10G)、50ユーザープランが月額1万9900円(30G)。

 山本裕次社長は、「スマートフォンを導入して間もない企業向けに、通信キャリアの法人部隊を通じて販売する。初心者向けのアプリとして、通信キャリアの製品ラインアップに加えてもらう。すでに、NTTドコモとソフトバンクがパートナーとなっている」と説明する。

 「営業報告サービス」は、「簡単」「単機能」をコンセプトに、ルート営業の担当者が顧客リストを外出先で管理・検索したり、報告書を登録したりできるサービス。顧客の写真を含めた詳細な報告書を顧客リストに反映し、四つのステータスで顧客の状態を視覚化するので、効果的な情報活用ができる。スマートフォンと連携することで、顧客の状況をリアルタイムに確認できる。(信澤健太)

Android版「営業報告サービス」トップページ。iPhone版のユーザーインターフェースと同じ