サイボウズスタートアップス(山本裕次社長)は、4月19日、新版の「安否確認サービス Ver1.5」を発表した。

 緊急連絡先へのTwitterアカウントの登録機能や緊急メッセージ機能、携帯電話によるフル機能操作など、16の新機能を追加し、150以上の機能改善を行った。

Twitter連携の設定

 Twitterアカウントにダイレクトメールを送信する機能や、プライベート情報を伝えていないメンバー間でも緊急時にコミュニケーションをとることができる緊急メッセージ機能、認証つきURLのメール送信機能、集計結果のCSVファイル出力機能などを新たに実装。携帯電話は、ログイン、トップページ、メール送信、連絡状況、緊急掲示板、緊急メッセージ機能に対応する。

 今後、災害情報と連係する自動安否確認通知の送信機能などのバージョンアップを予定している。今年中に200社のユーザー獲得を目指す。(信澤健太)

緊急メッセージ機能